なんで悪いの?紫外線の肌への影響とは

スキンケア

1.そもそも紫外線ってなに?

紫外線は太陽光の一部で、大きく分けると「紫外線」「可視光線」「赤外線」の3つです。

紫外線は「UV」ともいわれ、これは英語のUltra Violetの頭文字から来ています。

どちらも可視光線の紫色の外側という意味ですね。

 

紫外線は、波長によって性質が異なり波長の長いほうからUVA・UVB・UVCと区別されます。

波長が異なるUVAとUVBでは、届く深さや肌への影響にもあります。

UVAメラニンを増やし肌を黒くし、シミ、そばかす、シワ、たるみ、の原因となります。

 

UVB肌の炎症、赤くほてる(サンバーン)を起こし、メラニンを作るメラノサイトを活性化し

シミ・そばかすの原因となります。

2.紫外線を浴びるとどうなる?(慢性)

 

紫外線を長年浴びると皮膚のシミやしわ、時には良性、悪性の腫瘍が現れてきます。

 お年寄りの顔や手の甲にみられるこれらの変化は、一般に加齢による老化と思われがちですが、 実は紫外線による慢性傷害の結果であり、光老化は加齢による自然の老化とは異なるのです。

 

怖いですね、、ですから紫外線対策は健康のためにもしっかり行いましょう。

 

3.紫外線を浴びるとどうなる?(急性)

 

  • 日焼け

    肌の炎症、赤みや火照り。肌が黒くなる。

  • 日光アレルギーによるじんましん
  • 紫外線角膜炎(雪目)

    目が長時間直接紫外線にさらされ、角膜の表面が傷つく病気

  • 免疫機能低下

 

…と思っているよりも怖い紫外線、気を付けましょう。

4.紫外線のメリット

ここまで紫外線のデメリットを書いてきましたが意外にも紫外線を浴びると人体に良い一面もあるんです。

それは、ビタミンDが体内で作られることです。他にもセロトニン(幸せホルモン)を増やすなどがあります。

ですがビタミンDは食事で賄えますし、日光浴も日焼け止めを塗ってすればいい事、なので個人的には紫外線を浴びることにメリットなどはないと思います。

5.まとめ

「じゃあ家に引きこもるわ!!」

というわけにはいかないので、日頃の紫外線対策を怠らないよう心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました